小顔の女性たち

何が違うのか

普通の美容整形とプチ整形とは何がどう違うのか分からない人も多いとおもいます。ざっくりと分ければ整形とはメスを利用したり、縫い付けたり、抜糸したりが必要となる施術のことを指しています。当然切ったり縫ったりするわけですからダウンタイムも長くなります。しかし1度施術すれば余程のことがない限りとれたり、効果がなくなったりすることはありません。
その代わり、失敗したと思った時にやり直しがしにくいことが難点となっています。本当の整形をする前にプチ整形で簡単にテストをし、その通りの形になるように本番の整形をするというようにお試しという形で利用している人もおります。
また、やはり後悔するような結果には病院の先生もしたくありませんから、プチ整形によるお試しを1度薦めてくる医院もあります。何より理想としていた目の形、鼻の形、輪郭が本当に今の自分の顔に似合うのか、似合わないのかというのは実際に確かめてみる以外方法はありません。だからこそ、しっかりとプチ整形でテストをして、本当に納得の行く結果になれそうだったら整形でしっかり固定するというような形で利用されています。
中には最初にやったプチ整形の状態よりももう少しこうしてほしい、ああしてほしいという希望が出てくる場合もあります。

プチ整形とは、メスや抜糸を必要としない手軽な整形のことを指しています。大抵が注射器のみで施術できるような施術がおおくなっており、二重整形などは縫う必要がありますが、これは縫い付けているというよりも結んでいると言うのが正解です。それに二重整形の場合は抜糸が必要ありません。
目頭切開等の場合も溶ける糸を利用して抜糸不要にしている医院も多くなっています。プチ整形は便利ですし、安価に気軽に施術出来るのですが中には効果が時間の経過と共になくなってしまったり、緩んできたりというようなことがあります。