わっ、変わった!?

もっと美しく

整形手術は非常に手軽になり、安全性も上がってきました。そのおかげで需要は増え、更に治療にかかる値段も安価になってきています。中でもひときわ人気が高いのがプチ整形です。これは普通の整形とは違ってもっともっと気軽に手軽に出来るようになっている施術であり、多くの人が利用しています。二重まぶたを作る物から美容成分の補給、そして輪郭形成やシワ取りに小顔整形まで様々なものが存在しています。
昔はお金を持っている人や芸能人しか利用することができないような限られた施術だったのですが、今のプチ整形は違います。医師は均一に素晴らしい技術を持っており、失敗することはありません。仮に仕上がりが気に入らなかったとしても円滑に修正や解除ができるのがプチ整形の魅力でもあるのです。

整形というのは1955年にストックホルムでかいさいされた学会で始めて登場した美しさのみを追い求める学問となっています。日本に入ってきたのは1956年で、しっかりと美容外科が医療として独立したのは1968年ごろになってからなのです。
日本ではまだまだ美容整形に関しての理解はありませんでしたが、米国の文化が入ってきたことによって美的感覚が変化し、白人のような白い肌、そして高い鼻、スラリとした頭身に憧れを持つようになり、美容外科が利用されるようになったのです。
今でも日本人のコンプレックスである分厚い一重の目や低い鼻はまっさきに整形する対象となっています。
また、顔の大きさも外国人に比べれば相当に大きく寸胴でなんとも足が短くブサイクな見た目をしています。この印象を変化させる為に小顔整形も人気となっているわけなのです。
プチ整形を始め小顔も二重整形も年々手軽になってきていますし、所詮一時的な整形の効果だったプチ整形の弱点が克服されてきています。たった数分の施術によってこれまで自分のコンプレックスだった部分が一気に改善される時代がきています。

  • プロテーゼ
  • 脂肪吸引
  • 骨削り